高齢者に薦めたい靴3選「膝痛の父に靴をプレゼントしました」

商品紹介

年齢を重ねるにつれて、足腰の痛みが出てきますよね。

私たちの父は、毎日の畑仕事で膝痛が生じているようです。さらに、畑仕事で使う長靴は、クッション性が乏しく、父を見ているとかなり膝が辛そうに見えます。

そこで私たちは、高齢者の父に普段用で足腰にやさしい靴をプレゼントすることにしました。

最終的に購入する靴は、父に選んでもらうつもりですが、最後の3足までの絞り込み作業は私たちが行いました。

【この記事でわかること】

高齢者におすすめの足腰にやさしい靴がわかる

高齢者におすすめの歩きたくなる靴がわかる

父の性格と容態

性格「ものを大切にする。手放せない」

父は人並み以上に物を大切にする性格で、現在使用している靴も「穴があくまで履き続ける!」と豪語しています。ですが、その靴は、私たちから見たらボロボロで、何より少し臭いがあります(笑)

まるパパ
まるパパ

田舎に住んでいて、ご近所の方とお話しする機会が多いからピカピカの靴を履いてほしいな

まるママ
まるママ

年末年始もたくさんの人とお話ししていたね

容態「膝を曲げると痛みがある」

父は膝に痛みがあるようです。私たちは原因を日ごろ履いている靴に目を付けました。父が履く靴は2つで、日常履く靴と畑仕事で履く長靴です。

日常の靴は、サイズが合っていない靴を履いており、ぶかぶかの状態で歩いています。歩く際に足を上げようとしても靴が合っていないため、ぎこちない足の上げ方をしています。

まるパパ
まるパパ

歩くだけではなく、座るのも大変そうだよ。できるだけ膝を曲げたくないみたい

靴を選ぶにあたり重視したこと

父に薦める靴を選ぶにあたり、以下のことを重視しました。私たちのような若者が履く靴ではないですからね。父の気持ちになって考えました。

その①:クッション性が高い

その②:幅広なサイズ

その③:落ち着いたデザイン

その1「クッション性が高い」

膝には着地の際に地面からの衝撃がダイレクトに来ます。少しでも衝撃が少なくなるように、クッション性がある靴が望ましいと考えました。

その2「幅広なサイズ」

父は幅広なようです。幅広とは、親指の付け根から小指の付け根の長さです。個人差はあるものの、日本人は幅広な人が比較的多いようです。

その3「落ち着いたデザイン」

父は私たちのように若くはないので、落ち着いたデザインが好みのようです。また田舎に住んでいるため近所付き合いも多く、今回購入する靴で近隣の家に挨拶に行くこともあるとのことでした。そのような理由で落ち着いたデザインの靴を進めようと思います。

おすすめしたい靴3選

アシックスウォーキング_ハダシライド553

アシックスウォーキングの「ハダシ」シリーズの一足です。落ち着いたデザインと配色が単色のみではないところが気に入りました。軽量かつクッション性もあり、足にやさしい靴になっています。直営店で購入する場合は、自身にあった中敷きが作成できるかもしれませんね。


ニューバランス_MW685 N6

軽量のシューズです。もともとの商品からさらに改良が施されて「N6」となりました。幅広の4Eサイズで販売されて、ゆったりと履くことができます。落ち着いたベーシックなカラーで合わせやすそうですね。さらに、「CUSH+(クッシュ・プラス)」素材という柔らかい素材を採用し、快適な履き心地とアクティブな動きを実現しています。


ミズノ_Tx Walk(ウォーキング)

こちらは、ミズノ直営店かネットショップオリジナルで購入できる商品です。波形のプレート(ミズノウェーブ)が搭載され、クッション性と安定性を両立しています。3E相当の幅広サイズでもあり、ゆったりと履くことができます。


父の反応

これまでは、お店に入ると膨大な数の靴が並んでいることから、どれを選べばいいのかわからなかったそうで、ものすごく感謝されました。機能性で3択まで絞り込まれると、あとは好きなデザインを選べばいいだけですからね。新しい靴が気に入ったら廃番になるまで同じものを購入し続けるとも言っています。それだけ選ぶのが億劫だったのですね。さらに、最後は自分が好きなデザインの靴が選べるので、長く履けそうとも言っていました。

まとめ

膝が悪い父のために足にやさしい靴を選んであげました。父も大喜びのようで、頑張ってい選んでみて良かったです。今回選んだのは結果的に日本のメーカーになりました。足にお困りの方は「主に日本の土地に住む日本人を対象」とした日本のメーカーがいいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました